相続・不動産に関するコラム

相続・不動産に関するコラムでは、実際の事例をもとに、お役に立ちそうな話題を司法書士がコラム形式で紹介しています。参考にしていただければ幸いです。

司法書士 日永田一憲

 

相続した不要な土地は国が引き取ってくれる制度が開始、ただし、要件のハードルはかなり高い?

忘れていたでは済まされない、相続登記の際に私道の持分の登記漏れを防ぐための方法

共有不動産や空家、借地など相続した不動産のお悩み解決方法をご紹介

法務局へ提出する相続した不動産の名義変更に必要な書類の一覧

2024年4月から相続登記が義務化されます、期限は原則3年以内

相続人である配偶者の居住の権利を守る配偶者居住権、対抗要件として登記が必要

相続した不動産の名義変更の際に納付する登録免許税について(戸建て、マンション)

相続登記にかかる登録免許税の計算方法について解説(私道がある場合)

相続で取得した空家を売却した場合の譲渡所得税3000万円控除の概要

全国に広がる空家問題の主な原因のひとつは相続登記の未了

いざという時に困らない、不動産に関する書類の整理方法を司法書士が解説

相続登記の際、登記簿上の住所が最後の住所と異なる時の添付書類は?

黒板五郎VS笠松杵次の土地所有権争い、ドラマ「北の国から」に学ぶ不動産登記の重要性

相続税が最大8割減評価になる小規模宅地の特例は二世帯住宅にも適用される?

価値ある不動産を次世代へ遺す、相続不動産の物納制度について解説

相続放棄をしても、古い家屋や建物の管理責任が生じることがあります

父の家を売却しようと思ったら祖父名義だった場合、売却するには名義変更が必要

親から相続した家を売却した場合、税金はいくらかかるのか

相続不動産の売却、共有不動産の共有者が死亡しているときの手続き

相続した共有不動産の共有者間で使用料(賃料)の請求は可能?

相続した土地が埋蔵文化財包蔵地であったときの売却や建替えの注意点

相続した不動産が未登記物件だった場合の遺産分割協議の方法、また、デメリットは

農地を相続した場合の農業委員会への届け出などの手続き、売却するときの注意点

法務局から長期間相続登記等がされていないことの通知が送付された場合の対応方法

旧耐震建物を相続したとき、地震に備えた対処法

相続した別荘地の管理費の負担や処分する方法

義務化に伴い新設された「相続人申告登記」とは?とりあえず、罰則回避

未来に向け、安心できる相続を

相続専門の司法書士,日永田一憲

司法書士 日永田一憲

突然の相続で何から手をつけたらよいか分からない、そんなときは、無料相談をご利用ください

かもめ総合司法書士事務所・鎌倉

0467-39-6827

神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-9-62フォーラムビル2階、鎌倉駅から0.6キロ、若宮大路沿い

営業時間:平日10時~17時半(事前予約で20時までご相談承ります)

相続や遺言、よくあるご質問

相続や遺言の相談だけなら無料ですか?

ご相談は無料です、どうぞお気軽にお問合せください

依頼する前に料金の見積りをお願いできますか?

報酬基準に基づき、報酬金額と諸費用を提示いたします

不動産の名義変更は全国対応ですか?

全国どこの法務局にも登記申請できます

法律サービスを通し安心と幸せを

当事務所では、相続手続きをスムーズに行うことで、相続人の方のご負担を軽減し、これからのご家族の安心と幸せをサポートすることを使命と考え、日々、業務に取り組んでおります

〒248-0014
鎌倉市由比ガ浜2-9-62
フォーラムビル2階

0467-39-6827

事務所紹介

相続専門の司法書士,日永田一憲

代表者
司法書士・行政書士 
日永田一憲(ひえだかずのり)
昭和44年生れ
鎌倉市在住

当事務所では、相続手続きをスムーズに行うことで、相続人の方のご負担を軽減し、これからのご家族の安心と幸せをサポートすることを使命と考え、日々、業務に取り組んでおります

新着情報

2024年7月9日
相続コラム記事追加しました
2024年7月12日
依頼者様の声更新しました
0467-39-6827に電話する