徳川家康の相続対策

日本の瓦

250年間の平和な時代は「相続対策」からはじまった

長い戦乱の時代から平和な世へ導いた徳川家康。

家康自身が本当に心から平和な世の中を望んでいたかどうか、今となっては知る由もありませんが、争いをなくすことによって、将来的にも徳川家の権力が安定すると考えたことは間違いないと思われます。

では、まず徳川家康の略歴から。

略歴

1542年 1歳 三河国で誕生

1547年 6歳 織田家の人質

1549年 8歳 今川家の人質

1555年 14歳 元服

1560年 19歳 桶狭間の戦い

1562年 21歳 織田信長と同盟

1564年 23歳 三河を平定

1582年 41歳 本能寺の変

1586年 45歳 豊臣秀吉と和睦

1590年 49歳 小田原征伐

1598年 57歳 豊臣秀吉死去

1600年 59歳 関ケ原の戦い

1603年 60歳 征夷大将軍

1615年 74歳 大阪冬の陣

1616年 75歳 死去

家康が生まれた三河の国は、地理的に今川家と織田家に挟まれ、物心ついてから二十歳ぐらいまでは、ほとんど人質としての暮らしました。若年時の苦労が偲ばれます。

今川家から独立後は、織田信長と同盟を結びますが、両者の力の差は歴然。対等な関係ではなく、従属的な地位に近い関係だったと思われます。約20年間信長のもとで励みます。

41歳のとき本能寺の変が起こります。実質的にはこのときが真の独立といえるかもしれません。

天下統一目前の豊臣秀吉と対立しますが、その後、秀吉と和睦し臣従、秀吉の死後、関ケ原の戦いで天下をとったのは59歳。

ここから亡くなる75歳まで、様々な相続対策を行っていきます。

平均寿命が40歳そこそこの当時としては、相当な長寿。また注目すべきはその健康寿命の長さです。亡くなる前年まで合戦の指揮を執っており、当時の資料からも、心身とも健康だったと考えられます。

相続対策は、心身ともに健康なうちから始めるべきという良いお手本ではないでしょうか。

 

相続対策① 莫大な富=圧倒的な軍事力を蓄える

日本史上最大の資産家で倹約家

徳川家康は、日本史上最大の資産家だったといわれてます。時代が異なるので単純な比較はできませんが、藤原道長よりも、平清盛よりも、お金持ちだったといれています。

主な資産の内容は、自身の直轄領400万石、徳川家全体では800万石(日本全体の25%にあたります)。

石高は食料生産の量だけではなく、兵力動員数を意味することから、圧倒的な軍事力を有していたことが明らかです。

例えば、同じ時代の英雄と比べても、織田信長(家臣も含め)は最大400万石、豊臣秀吉の直轄領220万石です。徳川家康がどれだけの領地持ちだったか分かります。

また、土地の他に、日本各地の金山銀山の経営、貨幣鋳造の権利も独占的に手にしていました。これだけの資産家でありながら、相当な倹約家でした。

◆効率の良い財の築き方

では、どのように莫大な資産を築いたかみていきましょう。

徳川家康が大きく資産を増やしたのは生涯で4回。織田信長や豊臣秀吉のような英雄たちとは異なり、華々しい合戦に勝利し一気に領地を増やすようなことはあまりなく、確実に勝てるところから着実に領地を増やしていきました。

<桶狭間の戦い>

当初は今川方として参戦するが、敗戦後、今川家から独立し三河を平定。

<本能寺の変>

同盟相手の織田信長が討たれた後、織田家の支配地(旧武田領)甲斐、信濃へ侵攻。三河、遠江、駿河、信濃、甲斐の5カ国を収める。

<小田原征伐>

豊臣秀吉に従い、同盟相手の北条氏討伐に参戦。旧北条領の関東250万石を得る。関東8カ国(武蔵、伊豆、相模、上野、上総、下総、下野、常陸)へ移転。

<関ケ原の戦い>

豊臣家の内部分裂から始まった戦いに東軍の旗頭として参戦。敗れた西軍から600万石を没収し、300万石以上を徳川家へ加増。また、豊臣家の支配下にあった主要な金山、銀山、貿易港を獲得。

これらの事例から非常に効率よく稼いでいることが分かります。

今川、織田、北条、豊臣と弱った旧同盟相手から領地を増やしているようにみえますが、あまり「裏切り者」と感じないのは、律儀な人柄のなせる業か、戦国時代の感覚では臨機応変な対応ぐらいに思われていたのか。

少ない労力で大きく稼ぐという業務効率化の観点からするとすばらしく優秀。悪く言えば、火事場泥棒的な稼ぎ方ともいえますが、数少ないチャンスを確実にモノにしてきた時勢眼と行動力は並じゃありません。

 

相続対策② 仮想敵の弱体化

朝廷、寺社の弱体化

何かとトラブルの火種となりやすい朝廷や寺社を法律により行動を厳しく制限し、力を削ぎました。

禁中並公家諸法度、寺院法度とも家康の法律顧問的なブレーン、金地院崇伝(臨済宗)の起草とされています。

大大名、有力大名の弱体化

関ケ原の戦いの後、豊臣家222万石→65万石、毛利家112万石→30万石、上杉家120万石→30万石と大幅に石高を減らし、徳川家に対抗できる大名を弱体化させました。

関ケ原の戦いで味方についた福島家、細川家など有力大名を加増しつつも遠国へ転封しました。

家臣の弱体化

徳川家の仮想敵は外様に限りません。譜代の家臣には大きな領地は与えず、官僚的な力のみを与え政権運営を任せる施策をとりました。譜代大名の最大は井伊家30万石。他は15万石以下です。

家臣の力が強すぎて、相対的に弱体化した足利将軍家の失敗例から学んでいたのかもしれません。

 

相続対策③ 相続制度の整備

長幼の序の確立

相続順位、嫡子絶対の原則(長幼の序)を確立させました。

庶子忠長を三代将軍候補に推す動きを封じ、嫡子家光を後継者に指定した話は有名ですが、これがが徳川時代を通じて絶対的な先例となり、たとえ親でも跡継ぎを変えることができないルールが日本中の大名家に浸透しました。

結果的に前時代(室町、戦国)と比べ、武家の相続争いは大幅に減ったと考えられます。

徳川家の世襲

家康は、征夷大将軍に任官後、わずか2年で秀忠にその職を譲りました。このことは、徳川家が代々「武家の棟梁」の地位を継ぐことを世間にアピールすることが目的だと思われます。

相続人不存在への対策

徳川本家に跡継ぎが絶えた場合でも跡継ぎ候補を絶やさない策で、分家の尾張家か紀州家から養子を出すことになっていました。実際に8代将軍吉宗は紀州家の出身です。

また、尾張藩、紀州藩それぞれにも分家があり、跡継ぎ不存在対策が徹底されていました。

 

相続対策④ 教育、思想のコントロール

儒学の奨励 

林羅山を抜擢し、朱子学を幕府の公式な学問(官学)と定めました。

朱子学とは、身分、秩序、礼節を重んじる学問で、人間の身分の上下は、天地に上下があるように定められているという上下定分の理を説き、己を慎み相手を敬う「敬」を重視し、身分秩序をわきまえた生き方を推奨しました。

このことは、武士の官僚化を促し、革命やイノベーションを防止し、政権運営を安定化することに大きな効果があったと考えられます。

 

まとめ

江戸時代を通じ、家康の相続対策が大きな影響力を持ち続けていたことがお分かりいただけたことと思います。

また、家康の相続対策は現代でも参考にできる部分も少なくありません。私も家康から学びこれからの相続対策に役立てて参りたいと思います。

 

2022年7月

代表者顔司法書士写真

法務大臣認定司法書士
行政書士・宅地建物取引士
日永田一憲

ご面倒な「相続」をお手伝い

かもめ総合司法書士事務所

0467-39-6827

神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-9-62 フォーラムビル2階

鎌倉駅から0.6キロ、若宮大路沿い、鎌倉女学院向かい

相続による不動産の名義変更、銀行の相続、遺言書、家族信託、成年後見のご相談は無料です、お気軽にお問合せください

対応地域:神奈川県、東京都をはじめ、日本全国対応いたします

相続や遺言、よくあるご質問

相続や遺言の相談だけなら無料ですか?

ご相談は無料です、どうぞお気軽にお問合せください

依頼する前に料金の見積りをお願いできますか?

報酬基準に基づき、報酬金額と諸費用を提示いたします

不動産の名義変更は全国対応ですか?

全国どこの法務局にも登記申請できます

法律サービスを通し、安心と幸せを

当事務所では、相続手続きをスムーズに行うことで、相続人の方のご負担を軽減し、これからのご家族の安心と幸せをサポートすることを使命と考え、日々、業務に取り組んでおります

〒248-0014
鎌倉市由比ガ浜2-9-62
フォーラムビル2階

0467-39-6827

事務所紹介

代表者日永田一憲の写真

代表者
司法書士・行政書士 
日永田一憲(ひえだかずのり)
昭和44年生れ
鎌倉市在住

当事務所では、相続手続きをスムーズに行うことで、相続人の方のご負担を軽減し、これからのご家族の安心と幸せをサポートすることを使命と考え、日々、業務に取り組んでおります

新着情報

2021年5月15日
相続問題・事例集、記事追加しました
0467-39-6827に電話する